DELE対策

DELEの傾向と対策をレベル別、科目(読む、聴く、書く、話す)別にわかりやすく徹底解説します。
 

DELEとは

DELEとは、Diplomas de Español como Lengua Extranjeraの略で、「外国語としてのスペイン語」の能力を証明するものです。 スペインの文部省傘下のInstituto Cervantesが運営しており、世界で通用する唯一の認定試験です。
レベルはA1(入門)A2(初級)B1(中級)B2(中上級)C1(上級)C2(最上級)の6段階に設定されています。
DELEの日本語公式サイトはこちら

DELEの特徴

DELEは、スペイン語の「読む」、「書く」、「聞く」、「話す」の4つの能力が総合的に試されます。 全世界で共通の方式で実施されており、試験監督者による説明(当日のスケジュール、注意事項、各種指示等)や問題文もレベルにかかわらず、すべてスペイン語のみで行われます。
 ※参考
 日本スペイン協会が運営する「スペイン語検定試験」は日本人を対象としているため、問題文や指示は日本語で行われます。
 また、スペイン語の和訳、日本語の西訳なども出題され、受験者には相応の日本語力も求められます。


日本人にとってのDELEの意義

上述のとおり、DELEは、レベルに応じて非常に幅広い話題(自分や家族のことから社会問題、学術的な研究発表まで)についての読解・聴き取り・文書作成・会話・ボキャブラリ・文法知識が総合的に試される試験です。
DELE合格を目標として学習を継続することで、スペイン語力をバランスよく向上させるとともに、徐々により幅広いテーマに関するボキャブラリを身につけることができます。
カタコトの会話や、いわゆる「旅行会話」レベルから抜け出し、スペイン語圏の人々や文化、社会をより深く理解したり、彼らとつながりを持ちたいと考えるのであれば、自分のスペイン語力や学習成果を客観的に評価するツールとして有効に活用することができます。


 

受験レベルの選び方

DELEはA1からC2までの6段階にわかれていますが、公式ページにある説明では、どのレベルを受験すればよいのかわからないと思います。
そこでおすすめするのはこのサイトです。(簡易テスト。所要時間30分ほど)
結果は「どのレベルを勉強すべきか」で示されるため、表示されたレベルが現時点で狙うべきレベルと考え、そのレベルの合格を目指して学習しましょう。
(例:「B1.3-B1.4」と表示された場合は、DELE B1合格を目指して勉強する)

 ※DELEは各レベルごとの難易度の差が大きいため、学習効果、費用対効果を考えると、無理してひとつ上のレベルを受験しないほうがよいです。



DELEで問われるスペイン語力とは

DELEは、スペイン語圏を訪れたり暮らしたりし、そこで人々と円滑なコミュニケーションを取るのに必要な総合的な力が試されます。
また、入門レベルであるA1でも、 
  ・マンションの賃貸広告を見て適切な回答を選ぶ
  ・スペイン人同士の会話を聞いて適切な回答を選ぶ
  ・地域のサークルへの申込書に必要事項を記入する
といった、通常、日本に住んでスペイン語を学習していてもなかなか接することのないような内容の問題が出題されます。
したがって、合格するためには対策問題集などで、出題される単語や表現を各レベルに応じてしっかりと習得しておく必要があります。



DELEに合格するための学習方法

最初に必要なことは、現在の自分の力を知り、合格に必要な力とのギャップを客観的に認識することです。

①本番さながらに1回分の問題を解いてみる
まずは受験予定のレベルのDELE対策問題集(EDELSAやCronómetro等)を入手し、試験1回分を本番さながらに時間を計測しながら解いて、自己採点してください。
作文は紙を2枚用意し、1枚めに鉛筆で下書き、2枚めにボールペンで清書するようにしてください。(PCでタイプして答案を作成するのとは、必要な時間が全く違ってきます)

②採点する
読解、リスニング、文法・語彙については、解答集(CLAVE。別売り)を購入して自分で採点可能です。
作文と面接のパートについては自己採点は事実上不可能です。
信頼できるスペイン語講師に依頼し、採点してもらってください。 
スパニッシュ・オンラインでは経験豊富な講師陣が丁寧にDELE対策の指導をいたします。

③弱いパートを把握し、強化する
自己採点結果をもとに、自分が不得意な分野について、合格ラインを十分上回るレベルに持っていけるよう、勉強、トレーニングをしましょう。

満点の60%を取得することが合格の条件です。
また、A1からC1までは概ね「読む・書く」のGRUPOと、「聞く・話す」のGRUPOにわかれており、各GRUPOごとに合格ラインを上回らなければなりません。
したがって、スペイン語の読解、作文、リスニング、会話(口頭表現)の能力のうち、どれが合格ラインに足りないかを把握し、重点的に強化することが求められます。
もちろん土台となるスペイン語文法や語彙力をつけておくことが前提となります。

また、運悪く自分が苦手な分野の話題がたくさん出題される可能性もありますし、緊張もします。
そこで、確実に合格するには、すべてのGRUPOで合格ラインより10ポイント(%)程度上回るくらいの実力をつけることを目指しましょう。
もしくは、練習問題を解くときは回答に自信が持てない選択問題に関しては空欄とし、それでも合格ラインを上回るレベルを目指してもよいでしょう。


 

DELE対策問題集

DELE対策問題集としては、EDELSAとEl Cronómetroが2大メジャーブランドです。

Dele A1  DELE_A2  DELE B1  DELE B2  DELE C1  DELE C2

双方ともに全レベルが出版されており、解答集は別売りです。また、各レベルの出題傾向や、回答のコツなども掲載されています。
EDELSAが本番同様の形式の問題が各レベルごとに6~7セット収録されているのに対し、El Cronómetroは分野別に収録されています。
本番同様に時間を計測して取り組み、DELE特有の試験形式に慣れるという観点ではEDELSAのほうがよいでしょう。
ともに、セルバンテス書店ADELANTEamazon等で入手可能です。
価格はamazonが安いケースが多いです(時期やレベルによって異なりますので比較してみてください)。
いずれにせよ、各書店とも在庫が少なく、欠品になることも多いので、受験を決めたらすぐに入手するようにしましょう。



DELE合格者インタビュー

B2(中上級)に合格された藤岡正純さんに、合格までの道のり、DELE対策学習のポイントについてお話をうかがいました。
masazumi
 

B1(中級)に合格された根岸基紘さんに、DELE対策学習のポイントについてインタビューしました。

pisco2

 

 

DELE対策レッスン


スパニッシュ・オンラインでは、教師による指導が特に必要となる西作文と口頭試験に特化し、EDELSAシリーズを使ったDELE対策レッスンを行なっています。
ご希望の方は、レッスン予約時にコメント欄に、
 ・受験予定レベル
 ・レッスンで練習したい問題
をご指定ください。(コメント記入例: B2 EDELSA examen4 Prueba5)
西作文、口頭試験とも事前に試験要項に添って準備(西作文は時間を計って実際に書いておく、口頭試験は時間を計って準備メモを作成しておく)をしておいてください。

講師紹介ページで、各講師のDELE対応レベル(nivel)を記載しております。