DELE A1対策

A1(入門)は、DELEの6つのレベルのうちもっとも易しいレベルです。
とは言っても、簡単な旅行会話レベルではまったく歯が立ちません。
日常生活で最低限必要なスペイン語単語、文法を習得する必要があります。

求められるレベル

1・スペイン語圏の国々で共通して非常によく使われる日常表現を理解し、使用できる。
2.基本的な個人に関する情報や日常生活について質問したり、答えたりできる。
3.相手がゆっくり、はっきりと協力的に話してくれれば、会話に対応できる。

配点と合格ライン

DELE A1の試験は2つのパート(GRUPO)にわかれます。

GRUPO1(読み書きのスキル)
  読解(comprensión de lectura)が45分、記述表現(expresión e interacción escritas)が25分です。
GRUPO2(口頭表現に関するスキル)
  リスニング(comprensión auditiva )が20分、口頭表現(expresión e interacción orales)が15分です。

GRUPOごとに点数が計算され、それぞれのGRUPOで合格ラインに達しなければなりません。

 配点は、過去の実績ではGRUPO1は50点(読解が25点、文章表現が25点)、GRUPO2も50点(リスニングが25点、口頭試問が25点)で、双方のGRUPOともに30点以上獲得すれば合格です。
合計で60点以上獲得していても、いずれかのGRUPOで30点未満だと足切りとなり、不合格になってしまいます。

なお、文章表現に関しては、単語数とフォーマットが厳格に定められており、必ず守らなくてはなりません。
 

学習範囲

・時制としては、直接法現在の知識のみで対応できるようになっております。
 (まれにTareaの説明文で未来形が使われることがありますが、特に問題ないでしょう)  
・目的格代名詞は、まれにmeやteが出てくる程度です。lo, la, le, se等は知らなくてもかまいません。  
・命令形はTareaの説明文で出てくることがありますが、自分で使いこなせる必要はありません。  
・単語はDELE対策問題集を活用し、人物描写、生活用品、不動産関連(部屋を借りる、別荘を買う等)の単語を少し幅広めに知っておきましょう。


読解(Comprensión De Lectura)

試験時間:45分。
読解は4つの課題(Tarea)からなり、全25問です。
Tarea1は、友人に宛てた手紙(またはe-mail)を読み、続く5つの設問に対して、それぞれ4択から正しいものを選びます。
Tarea2は、10個のメモ書きや貼り紙、短い広告文を読み、続く6つの文章の内容に最も適切なものに結びつけます。
Tarea3は、10の広告を見て、続く6つの問に対して最も適切な広告を結びつけます。
Tarea4は、一連の広告文を読み、それを説明した8つの虫食い文に適切な単語を埋めることが求められます。選択式ではなく、記述式です。


リスニング(Comprensión Auditiva)

試験時間:20分。
リスニングも4つのTareaからなり、全30問です。
音声はスペイン人のものです。
Tarea1は、男女の会話を聴き、続く5つの問に4択で回答します。音声は2回流されます。
Tarea2は、5つの音声メッセージを聴き、10個の選択肢のなかからそれぞれのメッセージに関係の深いものを選んで回答します。音声は2回流されます。
Tarea3は、ある人物のひとりごとを聴き、続く8つの問に対して、正しいものを11の選択肢のなかから選んで回答します。音声は2回流されます。
Tarea4は、ある人物が友人に対して説明しているのを聴き、続く7つの短い虫食い文の空欄に適切な単語を埋めます。選択式ではなく、記述式です。


記述表現(Expresión E Interacción Escritas)

試験時間:25分
記述は2つのTareaからなります。
Tarea1は、サークルやカルチャースクール等の申込フォームに名前や性別等の基礎情報を記入し、さらに申込理由や簡単な自己紹介を文章で記述します。
Tarea2は、求人や賃貸の広告文案、知り合いの推薦状などを20~30語で記述します。


口頭表現(Expresión E Interacción Orales)

口頭表現は4つのTareaからなります。
Tarea1は、自己紹介です(1〜2分)。名前や出身地、勉強のこと、仕事の内容、旅行したことのある国等について話すとよいでしょう。
Tarea2は、日常生活について説明します(2〜3分)。仕事や余暇の過ごし方、食生活等、与えられた5つのテーマから2つを選び、試験官に説明します。
Tarea3は、会話です(3〜4分)。Tarea1およびTarea2で話した内容について、面接官と会話します。
Tarea4は、提示されたカードの写真と指示にもとづいて、面接官と会話します。(2〜3分)
※Tarea1と2については、待合室で15分間の準備時間が与えられ、メモを作っておくことができます。
ただし、あくまで備忘メモであり、  面接で書いたものを読み上げてはいけません。
なお、読解、リスニング、記述表現は土曜日の午前中に行われ、口頭表現は同日の午後または翌日に実施されます。