スペイン語アクティビティ:来日観光客と遊びに出かけよう

スペイン語の上達には、たくさん話すチャンスが必要

スペイン語をマスターするには、優れた講師から指導を受け、自分でもこつこつと継続学習することがとても大切。
そのうえで、実際に様々なスペイン語ネイティブとたくさん話すことが欠かせません。
しかし日本国内にいると、なかなかスペイン語圏の人々と話す機会が少ないのが現実です。

スペイン語アクティビティに参加しよう

スパニッシュ・オンラインでは、生徒様がスペイン語圏からの観光客と一緒に、名所の観光や食事など、アクティビティを楽しめるサービスを提供しています。
ここ数年、スペイン語圏からの来日旅行者が増え、そのデスティネーションは東京や京都・奈良はもちろん、北海道や長野、愛知、広島、福岡など、日本全国に広がっています。
しかし、交通インフラや標識が整った東京ですら、日本語を(英語も?)話せないスペイン語圏の旅行者にとっては四苦八苦。
そこで、彼らに生徒様が彼らにアテンドすることで、
 ・生徒様はスペイン語会話を練習できる 
 ・ゲストはスペイン語で案内してくれるサービスを受けられる
という、WinWinの関係を作ることができます。
いつかゲストの国に旅行するときは、今度は彼らがみなさんをガイドしてくれるかもしれませんね。 (スペイン、メキシコ、コロンビア、アルゼンチンからのゲストが多いです)


東京・深川を散歩中に立ち寄った小さな神社で


ツアーの後は、他のガイド仲間もまじえてゲストと懇親会

参加条件は
・スペイン語で自己紹介+αができること
・スパニッシュ・オンラインの月額コースを継続中であること
だけです。

簡単なスペイン語会話ができる方なら、あとは「もてなす気持ち」があれば大丈夫。

ゲスト募集時に、
・私たちはライセンスがないボランティアのガイドです
・スペイン語を勉強中です
と伝えてありますので、ゲスト側も高度な知識や高いスペイン語力を求めていません。

むしろゲストは、日本のアミーゴたちがフレンドリーに案内してくれるところに楽しさや喜びを感じてくれています。

2020年東京オリンピックにむけて、これからますますスペイン語圏からの観光客も増えていきます。スペイン語でのアクティビティでアテンド経験を積むことで、 2020年のスペイン語ボランティア活動にもつながるかもしれませんね。

さぁ、あなたも私たちと一緒にスペイン語を学び、学んだスペイン語を役立ててみませんか?

 

ちなみに代表の私(大塚)もアテンドが大好きで、数年前から機会あればやっています。
ほんとうに楽しいですよ!

両国にて