スペイン語力アップ!ブログ

ネイティブの話すスペイン語のスピードに慣れるためのコンテンツや、スペイン語学習に役立つ情報を随時アップしていきます。

Google先生も間違えるスペイン語?

教材・書籍 | 2017-06-06

数十言語を相互に翻訳できるツール、Google翻訳

最近は急激に性能が向上し、難しいと言われる日本語と英語の間の翻訳などもそこそこ使えるようになってきたと言われています。
だったら言語が近いスペイン語と英語ではもっと信頼できる!
と思いたいところですが、やっぱりたまにやらかしてくれるので、十分な注意が必要です。

英語のactuallyをスペイン語で言うと?

これ、英語が話せるスペイン語学習者は、ついスペイン語で"actualmente"と思っちゃいますよね。
でもGoogle先生も同じ間違いをするようですよ(笑)

スペイン語のaromaを英語で言うと?

最近では日本語でもアロマって言いますね。スペイン語でaromaは英語でもきっとaroma。
のはずが。。

英語のforeverをスペイン語で言うと?

もう、スペルから盛大に間違ってくれています(笑)



辞書は信頼できるものを使いましょう。
主な辞書をこちらで紹介しております。ご参考まで。


※本記事は2017年6月6日時点の情報です。今後のGoogle翻訳アップデートにより改善される可能性大です。。いや、改善されることを期待しております。